雑記

さいきんチェックしたもの

最近チェックしたり聴いたりした音源いくつか。 ELMAR - Betriebstemperatur, haltenkuballa - Split w/ pADDELNoHNEkANUKLÜTE - No YouthShoplifters - ForgiverBleakness - Ruined FateTelecult - WaitingSamePain - Demo '17serpent - DemoCombo Breaker …

ごーるどれこーず

最近聴いてたやつ。 USシアトルの3人組GOLD RECORDS(バンド名です)の2012年作。 Higley(今年念願のアルバム出した)がおすすめしててそれで知った。 My Nameをやってた人やSlorderをやってた人たちがやっているバンド。 アルバム名も一風変わっているけど…

らっどあうる

そういや先日、山に自生しているアケビを取ってきて生まれて初めて食べた。果実全体に比して小さい果肉部分はゼリー状になっていて仄かに甘い。なかなか爽やかな味なのだが、なんせ種がかなり多いため都度それを吐き出さねばならない。かぶりついて甘みを舌…

こーるどはーとでいず

ここ最近はずっと雨ふってて、かなんわ〜。 そんな湿っぽい雰囲気にぴったり(?)なフランスはカーンのバンドCold Heart Daysの2015年のデモ(ダウンロードしたやつ)を先日聴いておりマシタ。 JawbreakerやHot Water Musicとかの影響があるのかなと思いつつ、…

ちゅーち?ちょーあーく?

アメリカのピッツバーグの隠れCruzianパンクバンドChoochのBandcampを見つけた。オフィシャルなのかどうかわからん。唯一の単独音源であるカセットEPの曲がダウンロード可能。20年前の音源でっせ。ScariesとかBen Grimあたりが好きな人も聴いてみたら?ちな…

木曜日おめでとう

このまえ図書館で借りた『タオのプーさん』。ことによると、これは重要な本かもしれない。あくまでぼくにとっては。まあ、重要かどうかはさておき、たのしく読めた。 どんな本かというと、「クマのプーさんをとおしてタオイズムの原理を説明し、タオイズムの…

れっくすまにんぐデー

オリンピアのrex manning day.のデモ音源を聴いてわくわくさせられている。 メンバー各々がこれまでにやってきたバンドや別の現在進行形プロジェクト(ここでは名前書かないけど)を念頭に置いたうえでのぼくの予想はいい意味でうらぎられることとなり、いう…

あにも

先日、海外からの通販でCDを手に入れた。ディストロ以外ではこういうのはかなりひさびさな気がする。今回買ったのはアルゼンチンのバンドAnimoのアルバム。Boom Boom KidがやっているレーベルUgly Recordsから2000年にリリースされた作品。Fun PeopleやBBKと…

ばるぼあ

ドイツのメロディックパンクバンドBalboa Burnoutのラスト作。おそらく解散前のライブとかで配られてたりしてたものだと思うけど、ぼくはこのバンドの別の音源をディストロしていたこともあって、ありがたいことにメンバーがこのCDを送ってくれたんだよね。…

てきさすくろっくたわーおーけすとら

秋の到来をこばむかのように鳴く蝉の声、はれたら日中はまだ気温が30度近くまであがるも、夕晩のすずしさがここちよい今日このごろ、「あー夏も終わったなー」なんて思いながらBen Grimの“The Summer's Really Over”を聴いたりなんかして。そんな90年代中後…

10ふぃーととーる

「Big Drill Carを彷彿させるイントロでその筋の人々をニヤツかせる」でお馴染みのTEN FEET TALLの7"をこの前久々に聴いた。 旧CHEERSサイトとWaterslideの怪盤紹介で知って手に入れたのがもう何年前のことだか忘れた。リリースは1992年なのかな。ジャケも内…

渋メロディック(2016年リリースの)

派手ではないけれど味わいのある「渋い」メロディックパンク。そんなテイギもあいまいに、とりあえず2016年をふりかえると、わりとぼくの好きな渋メロディックな音源が出てたんだなぁと思ったので、自分が聴いて気になったやつを思い出せる範囲でラレツして…

ヒーローの出る幕なし

1990年代末から2000年代はじめにかけてアメリカのコロラド州デンバーで活動してたメロディックパンクバンドno place for a hero。どうやらネブラスカ州出身で、大学進学でデンバーに出てきたっぽい。サウンドはいかにも90年代な雰囲気が漂い、メロディック、…

よじげんのなかへ

昨日(8月12日)は、LOVE OVER VOLTAGE企画、日仏混合パンクバンドPINKU SAIDOの東アジアツアー京都編に行ってきた。 そのまえに別の用事があったので、会場の出町柳ソクラテスに着いたときには20時半を回っていて、キーマカリーズとチチワシネマとN-16はも…

まーぶる

Marbleのアルバムが再発された。しかも未発表曲追加。オリジナル盤は入手困難だったから持っていないけど、某レーベルの人がCDRに焼いてくれたやつをめちゃくちゃ聴いた。なんにせよこのアルバムはCruzianなの好きならマスト。ぼくもほしい! あと、今回の再…

“La”レコード

名前の頭文字に「La」が付くバンドの7インチの中からピックアップ。レコードを数枚つかんで引っぱりあげた中にこれらがあったので。久々に聴いた。 左上: (the)LastLastOne - GetWetInTheRain ep 三重のメロディックパンク2004年作。タイトル通りの雨ん中で…

ヤパヤパ!

7月30日(日)はThe Original Mixed-Up Kids企画の「IN SEARCH OF SPACE...」に行ってきた。また原付に乗って。目指すは神戸・元町!このまえ鳥取に行ったから、神戸って近いやんって思った。それでも3時間くらいかかったけど。ずっと街なか走ってたから暑かっ…

二泊三日の山陰メロディックツアー

今年もまたSkimmerがやってくる、はずだった。日程には関西でのライブがなかったので、見にいくとしたら名古屋か鳥取かを考えていた。けれど、メンバーの家族に不測の事態が起こったとのことで、Skimmerの来日はキャンセルとなった。それを受け場所によって…

へるべんだあ

1990年代、アメリカのノースカロライナに、hellbenderというメロディックパンクバンドがいた。 1作目の『Hellbender』、2作目の『footprint of the american chicken』、3作目の『con limón』と、3枚のアルバムはどれもいい。3作目が好きな人が多そうだけど…

よき夜。

おとといの7/16(日)は、Pastwalker企画のライブ「We don't forget anything VOL.4」に行ってきた。 会場は阪急大宮駅近くのスタジオ246。この日は祇園祭の宵山で、浴衣姿の人たちを横目に会場へと向かう。 スタジオ246に着くと、ぼくの着ていたWild Animals…

あっつい。

あっついですね。 夏はどうにもこうにもな暑さがどうにもこうにも苦手です。 Skimmerの来日ツアーは残念ながらキャンセルになりましたが、 当初の予定だと昨日から始まっていたんですな。 関西はもともとなかったですが。 いくつかのライブは日程通り行なわ…

かせっとてーぷ

うちで入荷しているカセットテープ作品です。 昔はファミコン以外のカセットは好きじゃなかったですね。 そんときに使ってたカセットデッキがよくなかった。 あきらかに再生速度はやいし音もわるいしテープはすぐ絡まるし。 もうちょっとマシなやつに替えて…

ぎょうざの箱

CDとどきました。 梱包資材のリユースってことですが。 おもわず笑いました。 もうひとつ荷物が届くのでそちらと一緒に後日アップします。

食って//読んで//寝る

ドイツのテュービンゲンにEat//Read//Sleepというパンクバンドがいて、最近デビューアルバムをリリースしたから入荷しようかどうしようかとか考えている。入荷するならTurbostaat系の哀愁渋メロディックな作品をいくつか一緒にいきたいなとか思うんやけど。…

ディアユー

はじめて手に入れたレコードはなんだった? カセットやCDやダウンロードじゃなくて。 買ったでももらったでも盗んだでもいいけど。 ぼくは、これ。 JAWBREAKER - Dear You (1995) 高校生のころ兄からレコードプレーヤーをゆずりうけ、 当時あったレコードシ…

とーとばっぐ

図書館で本借りるときに使ってる。 LPとかも入る。 きょうは暑かった。 あくしでんては来年来るらしい。

dielast

ポーランドで活動していたdie lastの1stアルバム。 メロディーと歌い方がLeatherfaceっぽいエモーショナルメロディック。 のちの音源ではどんどんエモ化していくがぼくはこれが好き。

ひゅーまんすぱーく

ぼくはこの映画・このシーンを観たことがなかった。 上の動画はリミックスだからオリジナルじゃないけど。 でもこの演説の途中から途中までは聞き覚えがあった。 どこかでぜったいに聞いたことがある。 あれなんだっけ。思い出せない。なんやったっけ。 どの…

タイトルなし

昨日はある友人と2, 3年ぶりに会った。 ちょうど京都の方に来ていたから。 短い時間の立ち話はひじょうにたのしかった。 こういうことこそが活力になるんだな。 またディストロ会議(談義?)をやらねば。

デイドリームズフォウアダルツ

久しぶりにフィンランドのAmazing Tails聴いたらよすぎた。 特に幻の(再発で日の目を見た)2ndアルバムにグイグイ引き込まれる。 こんなに泣きのメロディックハードコア・パンクがあっていいのか? いいよ! 酒はまったく飲めんがしばらくはこれで酔っても…