れっくすまにんぐデー

オリンピアrex manning day.のデモ音源を聴いてわくわくさせられている。

メンバー各々がこれまでにやってきたバンドや別の現在進行形プロジェクト(ここでは名前書かないけど)を念頭に置いたうえでのぼくの予想はいい意味でうらぎられることとなり、いうなれば90年代スタイルのエモーショナルメロディックパンクをやっていて、これがめっちゃかっこいいときた!今作の5曲目にはGet Up Kidsのカバーが収録されており、それもこのバンドの音楽性を表しているといえる。ともかくぼくが2017年に聴いたデモのなかでベスト!

あにも

先日、海外からの通販でCDを手に入れた。ディストロ以外ではこういうのはかなりひさびさな気がする。今回買ったのはアルゼンチンのバンドAnimoのアルバム。Boom Boom KidがやっているレーベルUgly Recordsから2000年にリリースされた作品。Fun PeopleやBBKと交流のあったと思われるバンドのなかでメロディックやポップパンクのバンドとして紹介されていたので気になっていた。15年以上前の音源だけど折よく手に入れることができた。歌詞カードがついてるのがうれしいね。実はYouTubeにアルバムがフルで上がっているため曲はすでに何度も聴いていたんだけど、やっぱ歌詞も知りたかったから。スペイン語と英語をおりまぜるスタイルなんだけど、このアルバムの大半は英語で歌われている。内容的にはおおっぴらにいえば愛とか生について。そこに一貫としたテーマがあるのかはわからない。ぼくが好きなのは、悲嘆したくなるような現状においてもよりよい世界で生きたいという自らの思いに対してはシニカルになっていないというか希望をもっている感じがあるとこかな。そして何より曲自体がとっても好き。でも全曲じゃない。全曲じゃないけどいくつかの曲はほんとぼくの好みドまんなか。胸をしめつける伸びやかなメロディーに絶妙なポップ感。

 

f:id:nezuminofukuro:20170916094248j:plain

ばるぼあ

f:id:nezuminofukuro:20170913105346j:plain

ドイツのメロディックパンクバンドBalboa Burnoutのラスト作。おそらく解散前のライブとかで配られてたりしてたものだと思うけど、ぼくはこのバンドの別の音源をディストロしていたこともあって、ありがたいことにメンバーがこのCDを送ってくれたんだよね。それでひさびさに聴いたら良かった。Bandcampでもダウンロードできる。ちなみにメンバーは現在Drunk Motorcycle Boyってバンドやってる。

https://balboaburnout.bandcamp.com/

てきさすくろっくたわーおーけすとら

秋の到来をこばむかのように鳴く蝉の声、はれたら日中はまだ気温が30度近くまであがるも、夕晩のすずしさがここちよい今日このごろ、「あー夏も終わったなー」なんて思いながらBen Grimの“The Summer's Really Over”を聴いたりなんかして。そんな90年代中後期にかつどうしていたメロディック/ポップパンクバンドがぼくはとても好きで、聴くたびに「いつ聴いてもさいこう」なんて思ってる。まいにち聴きまくってさすがに飽きたこともあるけどね。

ところで、Texas Clocktower Orchestraというバンドをきのう見つけたんだけど、Bandcampにて曲を聴いてみたらば、いわゆるCruzianなポップ/メロディックパンクが飛び出してきてびっくりした。ぼくがこの手のスタイルの音楽が好きなので、こんなバンドがまだいたのかという驚きもあるけど、なんとBen Grimと同郷のアメリカのウィスコンシン州のニーナというところのバンドで、しかもかつどうしていた時期も同じだった。どちらもDescendents/AllやBig Drill Carあたりのえいきょうを受けたサウンドを鳴らしているわけで。ここまで共通点のようなものがあるのに、なぜいまのいままでこのTexas Clocktower Orchestraという名前をいちども目にしたことがなかったのだろうか。バンド名自体もすごく目につきやすそうなのに。

そんなTCO(バンド名長いから略す)は音源を3枚残しているようだ。EP2枚にアルバム1枚と、調べたらいちおうぜんぶCDでのリリースとのことだけど自主で出してたのかな。Bandcampにて3枚とも聴ける。サンクスリストみたいなのにBen Grimの名前も載ってる。つまり両バンドは交流があったわけだけど、TCOに関してはほんまに聞いたことがなかった。それはそれとして、このTCOなかなかいい。一連のCruzianなバンドが好きな人は好きだと思う。

Texas Clocktower Orchestra: Bandcamp

10ふぃーととーる

「Big Drill Carを彷彿させるイントロでその筋の人々をニヤツかせる」でお馴染みのTEN FEET TALLの7"をこの前久々に聴いた。

f:id:nezuminofukuro:20170913094815j:plain

f:id:nezuminofukuro:20170913094838j:plain

旧CHEERSサイトとWaterslideの怪盤紹介で知って手に入れたのがもう何年前のことだか忘れた。リリースは1992年なのかな。ジャケも内容もぼくの心をくすぐる。隠れたCruzianポップパンク。そんなTEN FEET TALLについては他の音源やら情報やらけっこう探したこともあったけど全然出てこなかったな。かろうじてわかったのはTEN FEET TALLの前にはDirect Actionを後にはDavenportというバンドをやっていたことくらいだった。

そしてついこの前、Direct Actionの最後の音源である1990年のデモが2016年にヴァイナル化されてリリースされていることを知った。ありがたいことにBandcampでストリーミング・ダウンロードできる。フィジカルコピーも買えるのかな。あとのTEN FEET TALLも含めて考えると、よりメロディックに移行していく過程にあったような感じ。けっこう好き。こんな話題に食いつく人がいるのかどうかわからないけど。

Direct Action: Bandcamp

【お知らせ】PayPal(クレジットカード決済)でのお支払いに対応可能になりました。

当ディストロのオンラインストアでお買い物をする際にお支払い方法で「PayPal」を選択できるようにしました。
PayPalにご登録していない(アカウントをお持ちでない)場合にもPayPalを介したクレジットカード決済に対応しています。

ねずみのふくろオンラインストアhttp://nezuminofukuro.cart.fc2.com/

 

前々からPayPalでの支払いも受けつけようかと思っていたものの、手続きとかがめんどくさそうなのでやってなかったのですが、先日海外より初めてオーダーがあったため、必要にせまられて導入することになりました。

さらっと書きましたが、もしなにかわからないことなどありましたらお問い合わせください。

渋メロディック(2016年リリースの)

派手ではないけれど味わいのある「渋い」メロディックパンク。そんなテイギもあいまいに、とりあえず2016年をふりかえると、わりとぼくの好きな渋メロディックな音源が出てたんだなぁと思ったので、自分が聴いて気になったやつを思い出せる範囲でラレツしてみた。逆アルファベット順で。

 

Wild Animals - Basements: Music To Fight Hypocrisy
スペイン・マドリード。1stアルバム。FFO: Jawbreaker, Husker Du, Dinasaur Jr.。

WARSONG - CONTROL
スペイン・サラゴサ。2ndアルバム。解散してる。pre-COLUMNA。

The War Goes On - s/t
デンマークコペンハーゲン。1stアルバム。ex-No Hope For Kids。

Tiny Ghosts - Two Verses
ドイツ・フライベルク。3rd(?)アルバム。pre-SS20。FFO: Husker Du, Sugar。

Ship Thieves - No Anchor
アメリカ・ゲインズビル。3rdアルバム。ex-Hot Water Music, Quit。

The Phoenix Foundation - Hours
フィンランド・トゥルク。3rd(?) EP。pre-1981, Vastusta。FFO: Sad Punk。

NO°RD - Dahinter die Festung
ドイツ・ドルトムント。1stアルバム。FFO: Dackelblut, Unabomber。

Modern Saints - s/t EP
ドイツ・ビーレフェルト。1st EP。FFO: Jawbreaker, The Thermals。

Medictation - Warm Places
UK〜カナダ。1stアルバム。ex-Leatherface, The Saint Catherines。

Lifewentpear - Demo 2016
ドイツ・ノルトライン・ヴェストファーレン。1stデモ。FFO: Leatherface。

ill wind - s/t
クロアチア・サグレブ。1stアルバム。FFO: Leatherface, Pegboy。

Hipshot Killer - They Will Try To Kill Us All
アメリカ・カンザスシティ。2ndアルバム。ex-Revolvers, Parasites。

Headsparks - Beastro
UK・ロンドン。2ndアルバム。ex-Gan, dONfISHER, Ohno Express, Servo。

duesenjaeger - treibsand
ドイツ・オスナブリュック。5thアルバム。FFO: duesenjaeger, Turbostaat。

Disco//Oslo - Tyke
ドイツ・オルデンブルク。2ndアルバム。FFO: Turbostaat, Leatherface, Pascow。

CRIM - Blau Sang, Vermell Cel
スペイン・タラゴナ。2ndアルバム。ex-The Gundown, Vondänikens。

Concrete Beez - TAPE
アメリカ・チャタヌーガ。1stアルバム(?)。ex-Jack Plance Band, Hidden Spots。

Classic Sand - Overestimated
アメリカ・クリーブランド。1stアルバム。ex-Sun God, 9 Shocks Terror。

bows - burn out wrong suspirations
徳島。1stアルバム。FFO: Minority Blues Band, salt of life, Broccoli。

Blurry Eyes - Break the TV
カナダ・モントリオール。1st EP。ex-The Saint Catherines。FFO: Beach Slang。

 

こんな感じ。なかにはディストロしてるやつもあるけど。