最近ちぇっくしたもの

ディストロで入荷する気もないにも関わらず相変わらずバンドやレーベルのサイトなどを巡ってはリリース情報を確認したり。

そんな感じで最近チェックしたり聴いたりした音源いくつか。

Hangtime - Invictus Melodious
NO°RD - Paläste
INNER CONFLICT - First they take Manhattan, then they take Kalk
Casanovas In Heat - Twisted Steel, Sex Appeal
SILENT ERA - O Horizon
RIVERS EDGE - New Hope for the Dead
Whiskey Sunday - Radar
CRIM - Sense Excuses
Wild Animals - The Hoax
Custody - Custody
Hysterese - Hysterese (3rd)
Youth Avoiders - Relentless
Chiller - S/T

カナダのトロントHangtimeは去年末に7年ぶりのアルバムをリリース。昔名前メモってた覚えがあるけどすっかり忘れてたな。DoughboysやCruzianフレーバーを香らせながら甘酸っぱさ広がるメロディックパワーポップパンク。1stアルバムも好きだったドイツのサッドメロディックNO°RDの1年半ぶりとなる2ndアルバムは前作よりもさらにメランコリックに心をえぐってくる。名盤の予感。これまたドイツのINNER COFLICTは3,4年ぶりの音源となる12インチをドロップ。相変わらずといえるINNER COFLICT節炸裂のメロディックハードコア。Sofa HeadやIndian Dream, Instigators, HDQ等の80年代UKアナーコパンクバンドからPost Regiment辺りにも通じる現行USバンドのSILENT ERAのアルバムとてもかっこいい。アメリカはボストンのCasanovas In Heatの待望のフルレングスは残念ながらバンドの最後の作品となってしまった。Husker Duの流れにある焦燥や哀愁を掻き立てるメロディックパンクとパワーポップのキラキラ感が混在したような傑作。Hidden SpotsやFuture Virginsといったチャタヌーガパンク及びカセットテープが好きならLifer Tapesを是非チェックしてみて。同レーベルよりRIVERS EDGEは2本目のテープをリリース。長年の歳月を経てWhiskey Sundayはついに自身のファイナルアルバムを世に出したが、まるで13年ぶりにフルアルバムを出した大阪のMORGUE SIDE CINEMAに呼応したかのようなタイミング(両者は過去にスプリットを出している間柄)。CDあるのなら欲しい。カタルーニャタラゴナで活動するCRIMはうちでもアルバム2作入荷したけど新作の7インチが出たみたい。1曲聴いたけど良かった。昨年来日ツアーを果たしたWild Animalsは2ndアルバムが今日明日リリースされるけどめちゃくちゃ楽しみ。すでにフルストリーミング聴けるみたいだけど聴かない。お馴染みのWaterslide Recordsからの日本盤の発売はもうちょっと後みたいだ。Waterslideから7インチ出してたフィンランドCustodyの1stフルレングスも気になっている。他にも、ドイツのHystereseの3枚目のセルフタイトルアルバム、以前にもちらっと触れたフランスのYouth Avoidersの2ndアルバム、Black TowerやFeral TrashやMother's ChildrenとかのメンバーからなるカナダのChillerのデビューアルバムなど。

未アップだった音源をアップしました。(2018/04/22更新分)

去年の秋に入荷してからずっとアップしていませんでした。めちゃくちゃ遅くなってしまってすみません!
広島のFixing A Hole Recordsから以下の音源を入荷してます。 

Headsparks - Vs The Metric System (CD)
Skimmer & Navel - Split (CD)
Tonota 80 - Killer Sands And Beating Hearts (CD)
Kenny Baker - Out Of There, Out Of Time (CD)

各音源の詳細や購入はこちらより→http://nezuminofukuro.cart.fc2.com/

f:id:nezuminofukuro:20180423163050j:plain

さいきんチェックしたもの

最近チェックしたり聴いたりした音源いくつか。

ELMAR - Betriebstemperatur, halten
kuballa - Split w/ pADDELNoHNEkANU
KLÜTE - No Youth
Shoplifters - Forgiver
Bleakness - Ruined Fate
Telecult - Waiting
SamePain - Demo '17
serpent - Demo
Combo Breaker - Vol. 1
Rough Spring - S/T

もうまもなくTwisted ChordsよりリリースされるドイツのELMARの1stアルバムはレーベルの紹介文でも引き合いに出されてるMuff PotterやDüsenjägerなどの系譜の哀愁メロディックパンク。デビューEPがなかなかいい感じだったけどこのアルバムではさらに良くなってる。TurbostaatやLeatherfaceが頭がよぎるこれまたドイツのバンドkuballa。デモをのぞけば、現時点で最新作のスプリットも合わせて3枚音源がある。ばりかっこいい。スペインのKLÜTEのアルバムもごく最近リリースされたので聴いた。バンド名にウムラウトを付けてるのはやっぱHüsker Düの影響だろうか。1回目より2回目、2回目よりも3回目と聴くごとにフィットしてくる。ちなみにリリース元のひとつであるBartolini RecordsはセルビアShopliftersの新作7"の共同リリースにも参加。日本だとWaterslide Recordsがリリースに関わっているそのShopliftersの新しい音源もすばらしい。ぼくは過去にディストロしていたこともある1stアルバムがいちばん好きなのだけど、メンバーチェンジ以降においてはこの7"が最も良いんじゃないかと。フランスのDestructure Recordsをよくチェックしてるが、レーベルオーナーがやっているBleaknessのEPがとてもよかった。今後同レーベルよりYouth AvoidersやSyndrome 81やLitigeといったバンドのアルバムがそれぞれリリースされる予定。The Helltonsのメンバーの3/4がやっているフランスのバンドTelecultはRed DonsやRadioactivity等を思わせるポップパンクということで目新しさは感じないけど本当にちょうどよい。他にはSamePain (ex-Cowcatcher)やserpent (ex-The Gundown)やCombo Breaker (ex-Millones de Colores)などを聴いてた。それからRough SpringのEP。たぶん他にも聴いたりしてるけど、とりあえずこんな感じ。あとはDead Broke Rekerdsのリリース予定にHidden SpotsのLPと書いてあったのでその続報を待ってる。Basement Benders, Concrete Beez, Mixed Signals, Rivers Edge等の別バンドもやってる(と思う)けどやっぱHidden Spotsはキニナルゥ。

ごーるどれこーず

最近聴いてたやつ。

USシアトルの3人組GOLD RECORDS(バンド名です)の2012年作。

Higley(今年念願のアルバム出した)がおすすめしててそれで知った。

My Nameをやってた人やSlorderをやってた人たちがやっているバンド。

アルバム名も一風変わっているけど、Cruzianのヘンテコなの好きな人に。

 

 

らっどあうる

そういや先日、山に自生しているアケビを取ってきて生まれて初めて食べた。果実全体に比して小さい果肉部分はゼリー状になっていて仄かに甘い。なかなか爽やかな味なのだが、なんせ種がかなり多いため都度それを吐き出さねばならない。かぶりついて甘みを舌いっぱいに味わって飲み込むということがしたいのにそれができないもどかしさ。でもキライじゃない。

ところでRad Owlの来たるべきアルバムがわりと気になっている。以前の記事で書いたMarbleの再発盤をまだ手に入れていないので、その作品のライナーに掲載されているインタビューのなかでこの現行バンドについて言及されているのかどうかぼくには定かではないが。2016年結成で今月19日に初ライブを飾ったとのこと。 

 

 

こーるどはーとでいず

f:id:nezuminofukuro:20171009173821j:plain

ここ最近はずっと雨ふってて、かなんわ〜。

そんな湿っぽい雰囲気にぴったり(?)なフランスはカーンのバンドCold Heart Daysの2015年のデモ(ダウンロードしたやつ)を先日聴いておりマシタ。

JawbreakerやHot Water Musicとかの影響があるのかなと思いつつ、またSecond RateやFlying Donutsといったフランスのバンドの感触もある。

以前に聴いたときはハマらなかったけど聴き直したらまあまあ良かった。バンド名やロゴからも伝わってくるような哀愁のメロディックパンクでじわじわとくる。

バンドの近況を追ってみたら、1st LPのレコーディングが先日完了した(あるいは進行中?)とのこと。地味だけど地味にたのしみ。

ちゅーち?ちょーあーく?

アメリカのピッツバーグの隠れCruzianパンクバンドChoochのBandcampを見つけた。オフィシャルなのかどうかわからん。唯一の単独音源であるカセットEPの曲がダウンロード可能。20年前の音源でっせ。ScariesとかBen Grimあたりが好きな人も聴いてみたら?ちなみにYouTubeにも歌詞付きでアップされてる。