ぶれいぶハんズ

Brave Handsのアルバムがとても素晴らしいなと思った。

 

f:id:nezuminofukuro:20180721200923j:plain

 

Brave HandsはRidgemontやPeeple Watchin'のメンバーであるMamboによるソロプロジェクトとして始まり、最初のデモ発表からほどなくしてバンド形態となる。Mamboがボーカル/ギター、Caitlinがベース/ボーカル、そしてRidgemontでギターを弾いていたMaxがドラムを担当する。当初はアメリカのマサチューセッツ州ボストンを拠点としていたが、現在はオレゴン州ポートランドにて活動している。

これまでにデモやEPなどいくつかの音源を発表しているが、『To End All Worth』と題されたBrave Hands初のフルレングスがSalinas Recordsよりリリース(フォーマットはLP)。一昨日(7月20日)から同アルバムが全曲ストリーミングできるようになったので、ぼくはレコードに針を落とす瞬間を待ちわびる選択をすることなくすぐさま聴いてしまったのだった。

全曲公開される前に先行で聴くことのできた2曲(アルバムの2曲目と10曲目)ですでに本作の感触を掴んでいた気でいたが、1曲目の"Liam"が始まり、自分の勝手な予測とは裏腹に初っぱなから溢れんばかりの勢いと疾走感に面食らったのも束の間、すでに作品に引き込まれていた。うねるようなトンネルの中を猛スピードで駆け抜け、壁面に映し出される情景が高速で過ぎ去っていくような、音とともに去来するイメージと感情の応対。そのときのぼくは体が固まったかのように立ち尽くしていた。そのあとも目まぐるしくも心揺さぶる素晴らしい曲が矢継ぎ早に続いたことで、ぼくは何を見ているでもなく前方を見つめ、そしてずっとドキドキしていた。実際に心臓が早鐘を打っていたかどうかは忘れた。ただ作品に引き込まれていた。その感覚はわりと久しぶりだった気がする。アルバムを聴き終えて笑みがこぼれた。

Bandcampでは「anxiety rock」とタグ付けされていることもあり、決して陽気で明るい題材を扱っているわけではないと思われるが、それこそ自分自身を追い込んでしまうような憂いと鬱屈でいっぱいの場所から何かをなんとか力いっぱい解き放つような、希望の光が差すかもわからない状況の中でもがいているような、個人的には曲を聴いてそんな漠然としたイメージを想起されられた。実際にはどんなことを歌っているのか気になる。元G.L.O.S.S.のSadieがアルバムのレビューというかコメントを寄せており、そこで歌詞についても少し触れられているのでその内容に関して全く手がかりがないわけではないけど、やはり早く歌詞も読んでみたいな。余談だけど、そのコメント内でこのBrave Handsのアルバムに対してTHE GIBBONSやLEATHERFACEが引き合いに出されていたりもする。その形容にも納得するし、また双方ともに自分の好きなバンドだが、LEATHERFACEについてはその手の音楽のレビューで名前が挙がることが多いだけに驚きはないけど、GIBBONSの名前が挙がったのは地味に嬉しいというか印象的だった(SadieはThe State Lotteryの1stアルバムを自身のオールタイムフェイバリットの一枚であると以前どこかのインタビューで答えていたので、同バンドの前身であるThe Gibbonsもきっと好きなんだろう)。

とにかくBrave Handsのアルバムとてもいいんじゃないかな。過去の音源ではエモリバイバルとかトゥインクルエモに若干傾いている感じの時期もあったし、また、Salinas的な昨今のインディーロック/パンクに共鳴するような感性を持っていないとは言えないと思うけど、このアルバムではLattermanやRVIVRといったバンドが好きな人のみならず、それこそ往年のSnuffy Smileが好きな人も気に入りそうなメロディックパンクを聴かせてくれる。部分的にはまるでRidgemontの頃の燃えるラフメロディック魂を取り戻したんじゃないかと思えたり、たっぷり染み付いた哀愁や陰りに90年代的なエモーショナルな雰囲気を纏って全く異なる表情を見せてくれたり。ここに至るまでの過程で色んなものを呑み込んだ上で吐き出された曲は実際どれもこれも素晴らしい。たぶん。繊細で、むき出しで。

 

LP欲しいなー。

れべるへっど

前に書いたQuitじゃないけど、なんらかの事情でしかるべきときに世に出せなかった音源があるという話はよく聞く。未発表のまま闇に埋もれていくものがあれば、長い年月をへてようやく日の目を見るものがある。ここで紹介するLevelheadのアルバムは後者の例(※Level Headという表記もあるけど、以下Levelheadで統一)。

Levelheadはアメリカのジョージア州アトランタ(もしくはアトランタ近郊のマリエッタ)出身のバンド。ドラムのGino、ベースのMatt、ギターボーカルのJayの3人が1991年に結成。たぶん当時メンバーは高校生くらい。しばらくのあいだは手探り状態だったが、1993年にGinoが大学進学にともない脱退し(のちに自主リリースの7"がMutant Popから再発されるThe Pulloutsを結成)、Jayの弟のBradがドラムとして加入してから、サウンドの方向性が定まっていく。1994年に自分たちのレーベルSlender Boy / Fat Boy Recordsから『Spooky?』7"をリリース。1995年には、同じアトランタのメロディックハードコアバンドQuadiliachaとのスプリット7"をStandfast Recordsからリリース。地元を中心に精力的な活動をおこなう。同年、夏のリリースを目指してアルバム用の曲を録音し、レコ発の国内ツアーを計画。Tシャツをつくり、バイトにはげみ、ZINEや口コミやダイアル式電話をとおして(当時はスマホSNSもなかった)日程を組む。すべてが準備万端。ただひとつ、アルバムを除いて。とある新興レーベルがCDでリリースする約束を破ったのだという。理由はわからない。連絡が途絶える。そのまま肝心のアルバム不在の「レコ発」ツアーに出るはめになる。1996年、The PulloutsのフロントマンであるDamienがセカンドギタリストとして加入。フロリダツアーやいくつかの単発ライブをこなす。しかしアルバムをリリースする機会はついぞ訪れず、1997年にあえなく解散。

メンバーのその後。JayとDamien、オリジナルドラマーのGinoはThe Walt Lariatを結成。2001年にはJay&Brad兄弟が再びタッグを組み、The Paper Championsを結成。2008年に兄弟は、Premonition/Self/Insult To Injury/Dade County ResistanceのGarrett(かれのレーベルThree Day Hero RecordsのコンピにLevelheadが"Denizen"という曲で参加した縁もある)とLakehurst is Burningを結成。2011年には新たなメンバーをむかえ、Echo Romeoを結成。どのバンドもアトランタを中心に活動し、エモ〜インディーロックなサウンドを鳴らしていた(最初の二つはDeep Elm Recordsの『The Emo Diaries』シリーズにも参加)。Levelhead解散後、ベースのMattアトランタをはなれて、DirtbikeやCallsignというバンドで活動していたとのことだが、詳細はわからない。

ぼくがLevelheadを知ったのは、サウスカロライナのポップパンクバンドSelfのアルバムのサンクスリストだった。サンクスリストというのは、音源の制作にかかわったレーベルやエンジニア、ライブで共演したバンド、お世話になった人たちなどの名前を列記して、バンドが感謝を伝える欄のこと(正式名称はわからないけど)。CDやレコードについてる歌詞カードとかインナーとかに書いてあるアレね。本でいう謝辞、映画やゲームでいうスペシャルサンクス。これがまた貴重な情報源でして。90年代のメロディック/ポップパンクを「後追い」で聴いてた00年代のぼくは、サンクスリストで挙げられてるバンドやレーベルをメモしては、芋づる式に音源を「掘る」ことをたのしんでいた。サンクスリストを見て手に入れた音源のサンクスリストを見て手に入れた音源のサンクスリストを見て…といった具合に。この無間地獄にはまりこんで人生を棒にふった人は数えきれない。なかでもSelfのアルバムのサンクスリストは、いわゆるB級メロディック好きにとっては金鉱山みたいなもので、個人的にベストサンクスリスト賞をあげたい。Unfound Logic、Revolvers、Webster、Knucklehed、Scaries、Fun Sizeなどが並ぶそのあいだで恥ずかしそうな顔をしてたたずむ(勝手なイメージ)Levelheadなる名前を見て、よさげなバンドだと目星をつけた。調べていくと、Sneezeguard Recordsの名コンピ『Dear Fred』にも参加してたという情報を見つけ、期待は高まる。2枚の7インチの存在を確認し、はじめに単独7"、つづいてスプリット7"を海外のディストロから購入。聴いてびっくり。Fifteen系のメロディックパンクだった(Fifteenの泣きメロを期待しちゃダメだけど)。いわゆるイーストベイスタイルなサウンドで、なんていうか、コミカルでユニーク。『Spooky?』7"はショボくて平板な印象を受けるけど(本人たちいわく、急いでつくったとか)、そこがまたいとおしい。Quadiliachaとのスプリット7"は疾走感がぐんと増してメロディーもよくなってる。どっちも好き。

f:id:nezuminofukuro:20180712130242j:plain

そのあとも調べてると、同じ時期に同じアトランタで活動してたDC系エモーショナルハードコアバンドCar vs. Driverのメンバーがやってた「Beyond Failure」というブログにたどいついた。マメな人がいるもんで、当時のシーンを記録してるこういうブログなりサイトなりの情報ってすごく助かる。そこの記事でLevelheadのディスコグラフィーをダウンロードできるようにしてくれてた。しかも、2枚の7インチの曲やコンピ提供曲のほかに、なにやら「幻のアルバム」の曲もふくまれてるっていうじゃない!未発表のアルバムがあったなんて、テンション上がるやん。聴いてみたらさらにテンション上がった。時期的にめちゃくちゃ脂のってたんやね。あふれるアイデアをできるだけ詰めこんじゃえ!ってな勢いで曲が展開していく。明るいのか暗いのかよくわからないのにクセになるメロディーが矢継ぎ早にくり出され、7インチに比べると洗練されたサウンドはあわただしくも意表をつく。それまでのFifteenっぽさにくわえ、Jawbreakerへの接近がところどころに感じられるけど(まんまなベースラインもあったり)、自分たちの個性をしっかり確立してる。まちがいなくバンドのベスト音源。なんでこれ出さんかったんや!

上記の「Beyond Failure」のコメント欄には、LevelheadのJayさんやMattさんもふくめ、当時のアトランタシーンにかかわりのある人たちがコメントしてて、なかなかおもしろい話が書いてあった。たとえば、「幻のアルバム」は『Humans Would All Look the Same At First to an Alien』(「宇宙人がはじめて人類を見たら、みんな同じに見えるだろう」くらいの意味かな?)というタイトルだったとか。Car vs. Driverのメンバーが運営するLunchbox RecordsからLevelheadの音源をなにか出したかったが実現しなかったとか。Car vs. Driverが、フロリダのNo Idea Recordsからスプリット7"を出さないかと誘われたとき、スプリット相手にLevelheadを推薦したが、No IdeaのVarさんがほかのバンドに代えたがったので、けっきょくリリース自体を辞退したとか(もしNo Ideaから出てたら、Levelheadの知名度はもう少し上がってたかもね)。あと、Levelheadのアルバムを出さなかった人の名前も書いてあったけど、ここではくりかえさない。なんにせよ、アルバムが出なかったことを惜しむ声がいくつも寄せられてた。これが2008年の話。

それから5年。2013年にLevelheadは、盟友Quadiliachaとともに一夜かぎりの再結成ライブをおこなう。

アルバムをリリースできなかったことが、やっぱりメンバーの心のどこかにわだかまりとしてずっと残ってたようだ。とくに再結成ライブ以来、自宅に保管してるアルバムのマスターテープが自分の顔を見つめてくるようになったとJayさんは語る。2015年、アルバムをLPで自らリリースしようと思い立ち、クラウドファンディングサイトでレコード制作にかかる資金を募る。すると物事がとんとん拍子に進展。翌2016年、20余年の月日をへて、ついにアルバムがリリースされた!

バンドはとっくに解散してる。アルバムをリリースするタイミングは完全に逸してる。ダウンロードなどによって愛好家たちのあいだで曲は出回ってる。それでも出したい人がいて、欲しい人がいて、それを形にできる手段があった。あのころにリリースしておけば…という思いは残るにしても、たぶんこれでよかったんや。

このレコードは、20年以上にわたる労働、10代の不安、中年の危機、それにこれらの曲を世に出したいといういつ終わるとも知れない疼きの集大成だった。クラウドファンディングによって、それがいま現実のものとなった。これを実現するために力になってくれたすべての人に感謝する。あなたたちがいなければ、これらの曲はいまだにテープのままで、靴下を入れる引き出しのなかでほこりをかぶっていただろう。(LPのインナーの文章を和訳)

かくいうぼくは、今年になってようやくLPを購入。ダウンロードしてはじめて聴いたときから10年近く経ってるので、時間の早さをしみじみと感じる。そのあいだ音楽の好みはほとんど変わらなかったみたい。レコード盤のカラーはランダムらしく、ぼくのは紫色のマーブルビニールだった。インナーにはバンドの歴史や当時の写真が掲載されてる。歌詞が載ってないのはちょっぴり、いやけっこう残念かも。それでもレコードで聴くのはやっぱりいい。ぜんぶで16曲。A-3"Canine Nation"からA-7"Tape The Line"の流れが好き。ラストの曲は、オーストラリアのロックバンドMen At Workの曲"I Can See It In Your Eyes"のカバーで、Boxcar Recordsから出た『Totally Fucking The '80s』というコンピにも入ってる。個人的には、B-6"In A Minute"がほんまの最後の曲で、B-7"Rachel"は隠しトラック、B-8"I Can See It In Your Eyes"はボーナストラックってな感じ。

f:id:nezuminofukuro:20180713093051j:plain

さて、ここまで読んでくださった人のなかで、このLevelheadのLPを欲しい方いますか?ディストロってわけじゃないですが、ついでに複数枚入手しました。1枚あたり送料別1700円でお売りします。前述のとおりレコード盤のカラーはランダムなので、こちらでもどんな色が入ってるのかわかりません。届いてからのお楽しみということで。もし欲しい方がいらっしゃったら、nezuminofukuro@yahoo.co.jpにメールください。もちろんほかのディストロ商品とあわせて送ることも可能です。ネットショップをご利用のさいは注文を確定するまえに備考欄に「LevelheadのLPも欲すぃ〜」みたいなことをお書きください。

ネットショップはこちらです→http://nezuminofukuro.cart.fc2.com/

WILD ANIMALS入荷しました!(2018/07/07更新分)

ディストロ入荷する予定はなかったけど、この作品はしかたない。
昨年に来日ツアーも果たしたスペイン・マドリードのバンドWILD ANIMALSの2ndアルバム!

WILD ANIMALS - The Hoax (CD)

各音源の詳細や購入はこちらより→http://nezuminofukuro.cart.fc2.com/

 

f:id:nezuminofukuro:20180702151111j:plain

くいっと

前の記事でRADONについて書いたけど、他にもフロリダっていったら個人的に思い浮かぶのはQuitやな。すっきゃ。

Quitはフロリダ州マイアミのバンドで大雑把にいうと1988年から2002年まで活動。2015年に3公演のみのリユニオンショーを行なった。その際にゲインズビルではRADONと共演している。あとQuitとRADONのメンバーはそれぞれのバンド結成前にChocolate Grasshopperというハードコアバンドを一緒にやっていた(QuitのドラムのAndreさんとRADONのギターのBrentさん)。80年代後半のマイアミでの話。

メンバーがALLとDoughboysのライブを見て数日のうちにQuitを結成したという逸話もあるようで、その2バンドからの影響はとても大きい。1990年にリリースされた1stアルバム『Earlier Thoughts』はその後のポップパンクやメロディックパンクの流れを考えるとわりと先駆的な作品なのかなと。それ以降のQuitもめちゃくちゃかっこよくて、1stアルバムは単なる序章に過ぎなかった、と思わせといて、それが結局バンドがリリースした唯一の正式音源となってしまったのだった。その背景には2ndアルバムがハリケーン・アンドリューによってミックス前にテープ紛失したりとか、ギターボーカルAddisonさんの手首骨折によりバンドが長期間活動休止になったりとか、いろいろあったようだ。活動休止と再開を何度か経て2ndアルバムを録り直したり初期音源集を出す計画もあったりしたけど、どれも実現していない。コンピやデモの素晴らしい曲を聴くと、また世に出ていない曲が何十とあるという話を聞くと、すごく残念だなと思わざるをえない。2018年はQuit結成から30周年という節目だが、果たして、、、。

f:id:nezuminofukuro:20180619201951j:plain

QuitのBandcampでは1stアルバムのオリジナルと再発バージョンを聴くことができる。フィジカルは現在手に入れるのは難しいかもしれない。あと写真の右のやつはQuitが参加しているコンピCD。1997年頃のリリースながらQuitは1993年録音の3曲を提供。他はほとんどメタルのバンド。Quit好きからすると複数曲まとまって聴けるのでおすすめ。

冷丼

ネットでは新しいリリースをちょくちょくチェックしてたりもするけど、フィジカルの音源を買ったのは半年ぶり。。

f:id:nezuminofukuro:20180616161231j:plain

もしかしてと思って、この1ヶ月ずっと聴いてる。やっぱりええやん、RADON(レイドン)の新しいアルバム。

RADONは米国フロリダ州ゲインズビルのメロディックパンクバンド。90年代初期に活動し、2005年に再結成したのちは断続的ながらも息の長い活動をつづけている。2018年5月1日にリリースされた今作は、前作『Metric Buttloads of Rock』から12年ぶりとなる4枚目のアルバム。RADONとスプリット7インチを出しているWorthwhile Wayのメンバーが運営する徳島のEAGER BEAVER RECORDSからのリリース。

これは聴くほどに味が出てくるアルバムですな。Hüsker Düの影響が感じられる哀愁メロディックだけど、わりとカラッとしてる。いい意味でのショボさがあり、気取らず気負わず淡々としてるようで、ときに叙情的。そして抜群のポップセンス。このバランスが肌にあう。ひとつひとつの曲に個性があって、いろんな雰囲気の曲が並んでるけど、全体に通底するバンドらしさが見える。それは過去の作品から一貫して感じとれるものかもしれない。「レイドン節」ってこういうことなんかな。あと思ったんやけど、収録時間のわりに聴いてると長く感じる。ボリュームがあるというか。あれこれ詰めこんでるわけじゃないのにね。

1曲目の"Better Than I Am"はちょっとJ Churchっぽい(もしJ Churchがいまもやってたら、きっとRADONとスプリット出してるよね、たぶん)。この曲自体は昔からある曲なんやね。1992〜1993年録音のライブ盤に入ってる(のちのディスコグラフィー盤にも収録)。今回あらためて録りなおしたってことは、けっこう思い入れがあるんかな。どうやらFay Wray / King FridayのJeff Londonさんとの共作曲らしい。かれはRADONのいくつかの曲で作曲にかかわってるみたいやけど、メンバーではない(King Fridayには"I Wish I Was in Radon"という曲がある)。つづく2曲目の"Demon Lover"は、思わずシンガロングしたくなる曲。そして3曲目の"Go Forth and Hate One Another"は、EAGER BEAVERさんが「今アルバムの核」と言うとおり、ミッドテンポで聴かせる名曲。切なくもほのかな希望をいだかせるような、ある種ノスタルジーをくすぐるようなメロディーが、歌詞のアイロニーをきわだたせてる気がする。英語なのでニュアンスはわからないけど。4曲目の"A Fist Full of Potash"は、2009年に出した4-wayスプリットにも入ってる。これはドライブに最適な曲ですな。開けた大地に飛びだしたくなる。つぎの"What Do You Want From Me"にはとりわけHüsker Düの色を感じた。この1〜5曲目の流れが特に好き。それ以降の曲もいいけどね。12曲目の"From The Wilderness"なんかもう、イントロの時点で決まりやん。

ぼくみたいな90年代メロディックが好きな人におすすめ。最近こういうバンドいないしね。れーいどん、れーいどん、れーいどん、れーいどん。

最近ちぇっくしたもの

ディストロで入荷する気もないにも関わらず相変わらずバンドやレーベルのサイトなどを巡ってはリリース情報を確認したり。

そんな感じで最近チェックしたり聴いたりした音源いくつか。

Hangtime - Invictus Melodious
NO°RD - Paläste
INNER CONFLICT - First they take Manhattan, then they take Kalk
Casanovas In Heat - Twisted Steel, Sex Appeal
SILENT ERA - O Horizon
RIVERS EDGE - New Hope for the Dead
Whiskey Sunday - Radar
CRIM - Sense Excuses
Wild Animals - The Hoax
Custody - Custody
Hysterese - Hysterese (3rd)
Youth Avoiders - Relentless
Chiller - S/T

カナダのトロントHangtimeは去年末に7年ぶりのアルバムをリリース。昔名前メモってた覚えがあるけどすっかり忘れてたな。DoughboysやCruzianフレーバーを香らせながら甘酸っぱさ広がるメロディックパワーポップパンク。1stアルバムも好きだったドイツのサッドメロディックNO°RDの1年半ぶりとなる2ndアルバムは前作よりもさらにメランコリックに心をえぐってくる。名盤の予感。これまたドイツのINNER COFLICTは3,4年ぶりの音源となる12インチをドロップ。相変わらずといえるINNER COFLICT節炸裂のメロディックハードコア。Sofa HeadやIndian Dream, Instigators, HDQ等の80年代UKアナーコパンクバンドからPost Regiment辺りにも通じる現行USバンドのSILENT ERAのアルバムとてもかっこいい。アメリカはボストンのCasanovas In Heatの待望のフルレングスは残念ながらバンドの最後の作品となってしまった。Husker Duの流れにある焦燥や哀愁を掻き立てるメロディックパンクとパワーポップのキラキラ感が混在したような傑作。Hidden SpotsやFuture Virginsといったチャタヌーガパンク及びカセットテープが好きならLifer Tapesを是非チェックしてみて。同レーベルよりRIVERS EDGEは2本目のテープをリリース。長年の歳月を経てWhiskey Sundayはついに自身のファイナルアルバムを世に出したが、まるで13年ぶりにフルアルバムを出した大阪のMORGUE SIDE CINEMAに呼応したかのようなタイミング(両者は過去にスプリットを出している間柄)。CDあるのなら欲しい。カタルーニャタラゴナで活動するCRIMはうちでもアルバム2作入荷したけど新作の7インチが出たみたい。1曲聴いたけど良かった。昨年来日ツアーを果たしたWild Animalsは2ndアルバムが今日明日リリースされるけどめちゃくちゃ楽しみ。すでにフルストリーミング聴けるみたいだけど聴かない。お馴染みのWaterslide Recordsからの日本盤の発売はもうちょっと後みたいだ。Waterslideから7インチ出してたフィンランドCustodyの1stフルレングスも気になっている。他にも、ドイツのHystereseの3枚目のセルフタイトルアルバム、以前にもちらっと触れたフランスのYouth Avoidersの2ndアルバム、Black TowerやFeral TrashやMother's ChildrenとかのメンバーからなるカナダのChillerのデビューアルバムなど。